コンタクトレンズの総合情報サイト

コンタクトレンズの選び方や体験談など情報満載!コンタクトレンズの専門サイト

あなたに似合うコンタクトレンズ選びのポイント

コンタクトレンズの取り扱いは、種類によってはこまめなお手入れが必要になるものがあります。柔らかいソフトタイプのコンタクトレンズは、「目に直接乗せる」ということに抵抗を感じるコンタクトレンズ初心者にも心地よいものです。しかし、柔らかい素材である分、雑菌が繁殖しやすいというウィークポイントがあります。

日常的に煮沸消毒をしないと、雑菌によって目が炎症を起こしてしまうという危険性があるのです。このため、あまり管理が得意でない人や、時間に追われる忙しいタイプの人には、ソフトレンズの着用はおすすめできにくいものがあります。また、レンズ装着状態で目に異物が入ったとしても、レンズを取り外して水で洗い流すことができません。そのため、専用の洗浄液を常に持ち歩く必要もあるのです。このように、ソフトレンズは非常にデリケートな取り扱いが必要になるものです。対するタイプはハードタイプのコンタクトレンズですが、こちらはソフトに比べて扱いやすくなっております。

ソフトのような煮沸消毒は行わず、その代わりに定期的にレンズに付着したたんぱく質や汚れ除去をする必要があります。また、装着状態で異物や汚れを感じた際にも、水で洗い流すことができます。ただし、壊れやすいため、圧力や衝撃に弱いことがウィークポイントです。どちらかといえば、ハードレンズがおすすめですが、ハードの質感にどうしても馴染めないという場合には、ソフトレンズの「ワンデーアキビュー」や「ウィークリィアキビュー」というタイプがあります。これらは、その名の通り、一日だけもしくは一週間だけ装着可能という使い捨てタイプのコンタクトレンズです。

面倒な煮沸消毒の必要もなく、常に新鮮な商品状態での装着になるので、あまり管理が得意でない人や忙しい人にも便利なものです。ただし、常用のソフトレンズよりもコストがかかります。このように、種類やタイプが豊富なコンタクトレンズなので、選ぶ際には自分の性格や体質をもとに、コンタクトレンズを取り扱う専門の眼科医や眼鏡屋さんに相談してみることが望ましいと言えます。

コンタクトレンズ体験談

今はメガネ愛用の私だが、コンタクトレンズ愛用の同僚に勧められて、実際に作って、使ってみました。 詳細はこちら

コンタクトレンズって痛くないの

はじめてのコンタクトレンズの使用体験談をご紹介します。はじめてでも痛みを感じることなく使用することができました。 詳細はこちら

カラーコンタクトレンズに起こるトラブル

コンタクトレンズと言えば視力矯正用具の一つであり、眼科医の処方を受けてから購入するものです。しかし視力矯正目的でないコンタクトレンズもあります。 詳細はこちら

ジェネリック医薬品のすすめ

ジェネリック医薬品は後発医薬品とも言われ、莫大な研究開発費をかけた医薬品の特許が切れたものを後発の医薬品会社が製造したものです。 詳細はこちら

医療費控除の方法

多くの方が病気やけがなどで病院を利用し医療費を支払っています。しかし多くの場合にはそれほど大きな支出とはなりませんが、中には長期入院や手術などにより多額の医療費を支払わなければならないこともあります。 詳細はこちら

ジェネリック医薬品と高齢化社会

ジェネリック医薬品。数年前からテレビCMをはじめとする広告で一般にも認知されてきました。ジェネリック医薬品は後発医薬品とも言われますが、新薬(先発医薬品)とほぼ同成分で値段の安い薬のことを言います。 詳細はこちら

サイトマップ